駒形亜鉛鍍金所

Recruitment

創業昭和二年

鉛・カドミウムレスの溶融亜鉛メッキを

開発して社会に貢献する

創業昭和2年・・・平成29年に90周年を迎えました。

リーマンショック以降業界全体の業績が低迷する中、 平成21年に業界唯一の環境に良い「Aめっき」を商標登録し、 翌22年には製法技術で特許を取得しました。

平成22年度からは毎年展示会にも出展し、 6月はインテックス大阪で10月には東京ビッグサイトでPRしてきました。

その後も地道に業績を伸ばし、 25年8月には製造ラインを一台増設し3ラインに拡張しました。

通常のめっき釜は35ミリから50ミリの鋼板で作られますが、 増設時業界でもめずらしいセラミック炉を導入しました。

寿命が今までの8か月から20年程に伸びることになります。

そのほかにも環境にやさしく、 より耐食性に優れたアルミ亜鉛合金めっき「Aめっきスーパー」の開発に取り組んでいます。

通常のめっきより2倍から10倍も耐食性に優れていることから、 道路・橋梁・一般構造物等のニーズがあります。

ただ、製法が困難でコストがかかることから、日本では数社しか製造しておりません。

弊社では簡素で大幅なコストダウンができる新製法を開発し28年2月に特許を取得いたしました。

多少の品質のばらつきがあり実用化に向け改善・準備に努めておりますが、 これも早い時期に製品化する予定です。

 

業界では中堅でありますが、一歩先を見据えた技術革新を継続し、 業界をリードする企業でありたいと日々努力を積み重ねています。

メッセージ

取締役社長 清川安成

自分を受け入れてくれる仲間がいて、一生懸命している事にみんなも会社も評価してくれる。

何かしら希望が持てる。確固たるビジョンがある。

それに毎日会社に来るのが楽しかったら、こんな素晴らしいことはないと思います。

取締役社長 清川安成

募集要項

RECRUITING INFORMATION

TOPへ戻る